認知症理解に映画鑑賞


認知症になってはじめの時は、すぐに理解をするのは難しいものです。
どうしたらいいのかを先生に聞いても、実践することは異なるものです。
どのようにして認知症に対峙したらいいのか、その手助けとして映画をピックアップしてみます。


スポンサードリンク

『恍惚の人』
1973年日本
(有吉佐和子原作。豊田四郎監督)

『アイリス』Iris
2001年アメリカ・イギリス
(原作『アイリスとの別れ』に基づく実話)


『きみに読む物語』THE NOTEBOOK
2004年アメリカ


『半落ち』
2004年日本

『私の頭の中の消しゴム』
2004年韓国


『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』
2006


『明日の記憶』
2006年日本


『やさしい嘘と贈り物』
2008年アメリカ


『「わたし」の人生』
2012年日本


近年では認知症の理解をするための手段の一つとして、一度見ておくといいかもしれません。

▲このページのトップへ