認知症介護とは

認知症介護とは、認知症にかかってしまった方の体と心を両面からケアするとても大切な役割となります。
とくに家族によるケアは患者にとって重要である反面、介護者にとっては大きな負担となるものです。


スポンサードリンク


負担が大きくなり過ぎて、介護者までが体調を崩したり、精神的に不安定になってしまうこともあります。
認知症の介護をするためには、家族だけでなく、専門家やケアスタッフ、地域の人々の連携が重要になります。


介護を行ううえで必要なのは、認知症についての正しい知識と、介護をするうえでの知識、そして認知症患者ケアの支援制度など。
さまざまな情報、サービスを利用することで、余計な負担を感じることなく、日々の認知症介護を続けていくことができるのです。


介護者と患者がともに健やかな生活を送ることができるよう、国や行政の支援サービス、介護保険制度、地域の集い、雑誌や書籍、インターネットに掲載されているさまざまな情報等を活用しましょう。
ここでは、認知症介護のために必要な知識、サービスなどについての情報をまとめてみました。 是非、ご活用ください。



この記事のタグ

サイト内関連記事

公的介護保険制度
公的介護保険制度とは、2000年4月に導入、公的医療保険・公的年金に次ぐ第三の社......

▲このページのトップへ