厚労省の対策

厚生労働省では、平成21年3月の「若年性認知症の実態等に関する調査結果の概要及び厚生労働省の若年性認知症対策について」において、若年性認知症対策について記載しています。
この対策によって患者一人ひとりに対応した支援ができるよう、通知も発行しています。


スポンサードリンク


おもな対策としては、施策担当行政部局やサービス事業者、その他関係団体などが、相互に若年性認知症に関する理解を深め、有機的な連携のもと、多様なサービスが総合的に提供されるよう積極的に努めることとなっています。


厚生労働省平成21年3月の通知内容

  • ・認知症疾患医療センターにおける確定診断、自立支援医療による健康保険の自己負担軽減など
  • ・精神障害者保健福祉手帳の取得による支援
  • ・障害基礎年金などによる経済的な支援
  • ・就労移行支援事業や就労継続支援事業による支援など
  • ・障害者雇用納付金制度に基づく助成金の支援など
  • ・40歳以上の若年性認知症者に対するデイサービスなどの介護保険サービスによる支援


ほかに、コールセンターや支援ネットワークなどの国庫支援事業や、介護報酬加算の創設による介護施設への若年性認知症者受け入れの充実など、さまざまな取り組みについて通知され、現在既に支援事業が開始されているものもあります。




この記事のタグ

サイト内関連記事

若年性認知症とは
若年性認知症とは、認知症の発生年齢による分類であり、厚生労働省では「65歳未満で......
その実態
厚生労働省では、「若年性認知症の実態等に関する調査結果の概要及び厚生労働省の若年......
若年性認知症介護者の実態
厚生労働省による若年性認知症の実態等に関する調査では、介護家族に対する生活実態調......

▲このページのトップへ