その実態

厚生労働省では、「若年性認知症の実態等に関する調査結果の概要及び厚生労働省の若年性認知症対策について」をホームページ上で公開しています。
これは平成18年度から平成20年度の3年間において、65歳未満で発症する若年性認知症について、全国レベルでの疫学的な実態や、当事者と家族が抱える問題を明らかにするためにおこなわれた調査です。


スポンサードリンク


この調査によると、18~64歳人口における人口10万人あたりの若年性認知症者数は47.6人で、男性が57.8人、女性が36.7人となっています。
全国の若年性認知症の患者数は、3.78万人。
30歳以降では、5歳刻みで有病率が倍増する傾向にあるそうです。


若年性認知症の基礎疾患としては、脳血管性認知症が39.8%、アルツハイマー病が25.4%、頭部外傷後遺症は7.7%、前頭側頭葉変性症は3.7%、アルコール性認知症が3.5%、レビー小体型認知症は3.0%となっています。




この記事のタグ

サイト内関連記事

若年性認知症とは
若年性認知症とは、認知症の発生年齢による分類であり、厚生労働省では「65歳未満で......
若年性認知症介護者の実態
厚生労働省による若年性認知症の実態等に関する調査では、介護家族に対する生活実態調......
厚労省の対策
厚生労働省では、平成21年3月の「若年性認知症の実態等に関する調査結果の概要及び......

▲このページのトップへ