厚生労働省の認知症への取り組み

厚生労働省のホームページには、『認知症への取り組み』と題したページにおいて、認知症の原因や症状についての「認知症とは」や、認知症の介護者のための「認知症の人のケア」、「若年性認知症施策」などの情報を掲載して、認知症にかかってしまった方やその介護にあたる方へのサポートを行っています。


スポンサードリンク


「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」の構想

厚生労働省の行う「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」の構想とは、2004年12月に「痴呆」の呼び名が「認知症」に改まり、2005年度が「認知症を知る1年」と位置づけられたことを受けて始められた取り組みです。
この取り組みでは、多くの人々に認知症が正しく理解され、また認知症の方が安心して暮らせる町がつくられていくよう、その第一歩として、普及啓発のためのキャンペーンを行うものとして、2005年4月からスタートしています。


「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」の主な取り組み

  1. 認知症サポーター100万人キャラバン
  2. 「認知症でもだいじょうぶ町づくり」キャンペーン
  3. 認知症の人「本人ネットワーク支援」
  4. 認知症の人や家族の力を活かしたケアマネジメントの推進



▲このページのトップへ