周辺症状

認知症には、脳の細胞が壊れることによって直接的に引き起こされる「中核症状」と、それに伴って引き起こされる「周辺症状」があります。
中核症状は認知症の患者には必ず見られる症状ですが、周辺症状は必ずしも起きるとは限らない症状となっています。
周辺症状には、幻覚や妄想、暴力をふるったり、徘徊したりといった行為となってあらわれる場合もあります。
これは患者の周囲の環境や人間関係、本人の性格などが絡み合って起きてくるため、症状は人それぞれ違う表れ方をします。


スポンサードリンク


認知症の介護のなかでも、とくに介護者を悩ませるのが、この周辺症状によるさまざまな行為です。
その症状についてあらかじめ知っておくことで、混乱を避け、適切な介護ができるものと思います。


周辺症状の例

  • ○幻覚
    認知症の症状では「幻聴」よりも「幻視」の方が多く、そこにいない人が見えたなどと言うことがあります。
  • ○不安
    それまでできていたことができなくなったり、物忘れがひどくなってきたことへの自覚がある場合があるため、不安や焦燥などの症状があらわれます。
  • ○依存
    不安や焦燥によって、依存的な傾向が強まり、一人でいると落ち着かず、家族の後をついてまわるなどの行動があらわれる場合があります。
  • ○妄想
    物の所在を忘れてしまい、誰かが盗んだ、隠したなどの「もの盗られ妄想」の形をとる場合が多い。
    このような妄想は、身近な家族が対象者となる。
  • ○徘徊
    初期には道順を覚えられなくなり、病状が進行してくると、自分の家の場所がわからなくなり道に迷うことがあります。
    重症になると無目的の徘徊をするようになります。
    徘徊はアルツハイマー型認知症に多く、脳血管性認知症ではあまりみられない症状です。
  • ○攻撃的行動
    行動を注意したり、制止したりすると、不満が爆発して攻撃的な行動をとる場合があります。
    幻覚や妄想からそうした行動が起こる場合もあります。
  • ○睡眠障害
    夜間眠りにつきにくくなり、日中にうたた寝するなど、睡眠時間が不規則になります。
  • ○入浴を嫌がる
    認知症患者の多くが入浴を嫌がるようになります。
    これは運動機能や条件反射の低下による恐怖心などが原因であると考えられるため、適切な介護が必要です。
  • ○異食・過食
    何度も食事をしたがる過食や食べ物以外のものを口に入れる異食がみられる場合もあります。
  • ○抑うつ状態
    意欲の低下や思考障害など、うつ病と似た症状があらわれる場合があります。



サイト内関連記事

症状を理解すること
認知症の症状には、脳の細胞が壊れることによって直接起こる中核症状があります。 記......
中核症状(記憶障害)
認知症の中核症状として、まずあらわれるのが記憶障害です。 人間の記憶機能には、目......
中核症状(見当識障害)
見当識障害は、記憶障害と並び、早くからあらわれる障害です。 見当識とは、年月や時......
中核症状(理解と判断力の障害)
認知症の症状では、ものを考えることに関する障害も起こります。 具体的な症状として......
中核症状(実行機能障害)
認知症が進行すると、計画をたてて、それを実行に移すという行為ができなくなります。......
中核症状(感情表現)
以前、若者のあいだで流行した「KY(空気が読めない)」という言葉。 認知症の症状......

▲このページのトップへ