中核症状(感情表現)

以前、若者のあいだで流行した「KY(空気が読めない)」という言葉。
認知症の症状には、そうした側面もあります。


スポンサードリンク


通常であれば、自分の感情表現に対する周囲のリアクションは、だいたい想像できるものです。
私たちは普段、無意識に相手の反応を予測しながら、感情表現を調整しています。
これは育ってきた環境や文化などによって培ってきた経験による学習の成果です。


ところが認知症になると、周囲の人が予測しない、思いがけない反応をあらわすことがあります。
これは記憶障害や見当識障害、理解や判断の障害のために、周囲からの刺激や情報について正しい解釈ができなくなっている場合があるために起きる症状です。


認知症に対する知識がないと、患者の思わぬ反応に驚いたり、傷ついたり、また患者を傷つけたり、混乱させたりすることになります。
感情表現についても障害が表れる場合があるのだということを認識して、患者と接するようにしていただきたいと思います。



サイト内関連記事

症状を理解すること
認知症の症状には、脳の細胞が壊れることによって直接起こる中核症状があります。 記......
中核症状(記憶障害)
認知症の中核症状として、まずあらわれるのが記憶障害です。 人間の記憶機能には、目......
中核症状(見当識障害)
見当識障害は、記憶障害と並び、早くからあらわれる障害です。 見当識とは、年月や時......
中核症状(理解と判断力の障害)
認知症の症状では、ものを考えることに関する障害も起こります。 具体的な症状として......
中核症状(実行機能障害)
認知症が進行すると、計画をたてて、それを実行に移すという行為ができなくなります。......
周辺症状
認知症には、脳の細胞が壊れることによって直接的に引き起こされる「中核症状」と、そ......

▲このページのトップへ