医療の質の指標





2012.5.8医療介護CBニュースの記事より


スポンサードリンク





日本慢性期医療協会では、会員のうち40施設の臨床指標を公表したそうです。

これは患者満足度や感染症の発生率、治癒率などの「医療の質の指標」が各施設の実名とともに明示されているものです。

日慢協では、一般病床や医療療養病床、介護療養病床、回復期リハビリテーション病棟など40の施設について調査を実施し、患者満足度や感染症の発生率と治癒率、リハビリテーション提供率、重症事故の発生率など27の指標について調べました。
この調査結果に基づく分析としては、介護療養病床では患者満足度が高く、また感染症の新規発生率や重症事故の発生率も低いことがわかったということです。
また回復期リハビリテーション病棟では、尿道カテーテルの抜去率や経管栄養から経口摂取になった患者の比率が高いこともわかったそうです。

サイト内関連記事

世界中の高齢者を美しくしたい
資生堂の挑戦
2012.4.23IT mediaエンタープライズの記事より 日本は65歳以上......
認知症の生活保護受給者を悪用した例
生活保護受給者へ高額家賃、グループホームが「二重設定」/横浜 カナロコ 6月12......
茶カテキンと認知症
2012.6.24news ポストセブンの記事より 緑茶に含まれる茶カテキンと......

▲このページのトップへ