黄連解毒湯・当帰芍薬散:漢方薬

黄連解毒湯
血圧を改善し、高血圧にともなう頭痛、頭重、肩こり、めまいなどの症状を和らげます。
のぼせ、イライラ、精神不安、不眠などの症状を和らげます。
出血を伴う症状を改善します。
通常、比較的体力があり、のぼせ気味で、いらいらする傾向のある人などに用いられます。


スポンサードリンク

黄ゴン(おうごん)、
山梔子(さんしし)、
黄連(おうれん)、
黄柏(おうばく)


当帰芍薬散
妊娠中のむくみ、おなかの痛み、貧血、どうきを和らげ、安胎を促します。
妊娠しにくい人にみられる冷え、けんたい感、貧血などと生理の異常を改善し、妊娠しやすい状態に体を整えます。
月経周期の異常と月経痛、疲労感、冷えなどの症状を和らげます。
更年期障害に伴う症状(疲労感、貧血、冷え、頭痛、頭重、めまい、どうきなど)を和らげます。
腎臓疾患に伴うむくみ、疲労感、貧血、どうきなどの症状を和らげます。
通常、比較的体力の低下した女性に用いられることが多く、一般に冷え症で貧血傾向があり、性周期に伴う諸症状および妊娠中の諸症状などに用いられます。

芍薬(しゃくやく)、
蒼朮(そうじゅつ)、【または白朮(びゃくじゅつ)】、
沢瀉(たくしゃ)、
茯苓(ぶくりょう)、
川キュウ(せんきゅう)、
当帰(とうき)

この記事のタグ

サイト内関連記事

回想法
回想法は特に専門的な知識が無くとも家庭で行うことができる方法のひとつで、過去の懐......
音楽療法
日本では音楽療法は1902年に巣鴨病院(現都立松沢病院)において東京音楽学校の教......
代表的な薬
現在認知症を完全に治す薬はまだ開発されていいませんが、認知症によって生じる様々......
抑肝散:認知症の漢方薬
認知症の周辺症状の対策として、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬等が病院でよく処方さ......
加味温胆湯:認知症の漢方薬
加味温胆湯(かみうんたんとう)アルツハイマー型の認知症に効く漢方薬として有名です......
釣藤散・抑肝散加陳皮半夏:漢方薬
認知症の周辺症状に効くと思われる漢方薬です。 釣藤散 高血圧に伴う頭痛、頭重、め......

▲このページのトップへ