釣藤散・抑肝散加陳皮半夏:漢方薬

認知症の周辺症状に効くと思われる漢方薬です。


スポンサードリンク


釣藤散
高血圧に伴う頭痛、頭重、めまい、のぼせ、肩こり、耳なり、不眠などの症状を改善します。
耳鳴、頭痛、頭重、のぼせ、不眠、眼球結膜の充血などの症状を和らげます。
通常、慢性に経過する頭痛、肩こり、めまい、耳鳴などに用いられます。

石膏(せっこう)、
陳皮(ちんぴ)、
麦門冬(ばくもんどう)、
半夏(はんげ)、
茯苓(ぶくりょう)、
釣藤鈎(ちょうとうこう)、
防風(ぼうふう)、
菊花(きくか)、
人参(にんじん)、
甘草(かんぞう)、
生姜(しょうきょう)


抑肝散加陳皮半夏
神経がたかぶる、怒りやすい、イライラする、眠れない、まぶたのケイレン、手足のふるえなどの症状を改善します。
小児の夜なき、おちつきがない、ひきつけなどの症状を改善します。
通常、神経過敏、興奮しやすい、怒りやすいなどの症状に用いられます。

半夏(はんげ)、
蒼朮(そうじゅつ)、 【または白朮(びゃくじゅつ)】、
茯苓(ぶくりょう)、
川キュウ(せんきゅう)、
陳皮(ちんぴ)、
当帰(とうき)、
釣藤鈎(ちょうとうこう)、
柴胡(さいこ)、
甘草(かんぞう)


参考文献
ツムラ医療用漢方製剤添付文書

この記事のタグ

サイト内関連記事

回想法
回想法は特に専門的な知識が無くとも家庭で行うことができる方法のひとつで、過去の懐......
音楽療法
日本では音楽療法は1902年に巣鴨病院(現都立松沢病院)において東京音楽学校の教......
代表的な薬
現在認知症を完全に治す薬はまだ開発されていいませんが、認知症によって生じる様々......
抑肝散:認知症の漢方薬
認知症の周辺症状の対策として、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬等が病院でよく処方さ......
加味温胆湯:認知症の漢方薬
加味温胆湯(かみうんたんとう)アルツハイマー型の認知症に効く漢方薬として有名です......
黄連解毒湯・当帰芍薬散:漢方薬
黄連解毒湯 血圧を改善し、高血圧にともなう頭痛、頭重、肩こり、めまいなどの症状を......

▲このページのトップへ