音楽療法


スポンサードリンク

日本では音楽療法は1902年に巣鴨病院(現都立松沢病院)において東京音楽学校の教師・学生が参加した慰問演奏がはじめだといわれています。
その後東京武蔵野病院で松井紀和氏ほかがPodolsky著の"Music Therapy"に啓発され音楽療法が開始され、1967年に日本音楽療法協会が設立されたそうです。

アルツハイマー型認知症の音楽療法についての研究もされており、認知症のリハビリテーションのひとつとして効果的といわれています。

音楽を聴く、歌う、楽器を奏でる、歌に合わせて踊る、カラオケで歌う等で脳を活性化させるそうです。
また、気持ちを落ち着かせるリラクゼーション効果も期待でき、笑顔が増える、ぐっすりと眠れるようになる、食欲が増進するといった効果があるそうです。

子のものときにうたった曲や若いころに流行した曲を選ぶと言いそうです。
特に認知症患者の年齢や好みに合わせて歌ってみると効果が高いといわれています。



参考文献

岡部 多加志, 小林 俊恵: "アルツハイマー型認知症の音楽療法", バイオメカニズム学会誌, Vol. 30, No. 2, pp.71-76, (2006) .

サイト内関連記事

回想法
回想法は特に専門的な知識が無くとも家庭で行うことができる方法のひとつで、過去の懐......
代表的な薬
現在認知症を完全に治す薬はまだ開発されていいませんが、認知症によって生じる様々......
抑肝散:認知症の漢方薬
認知症の周辺症状の対策として、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬等が病院でよく処方さ......
加味温胆湯:認知症の漢方薬
加味温胆湯(かみうんたんとう)アルツハイマー型の認知症に効く漢方薬として有名です......
釣藤散・抑肝散加陳皮半夏:漢方薬
認知症の周辺症状に効くと思われる漢方薬です。 釣藤散 高血圧に伴う頭痛、頭重、め......
黄連解毒湯・当帰芍薬散:漢方薬
黄連解毒湯 血圧を改善し、高血圧にともなう頭痛、頭重、肩こり、めまいなどの症状を......

▲このページのトップへ