脳血管型認知症


スポンサードリンク

脳の血管に血栓が詰まった状態となる脳梗塞や、脳の血管が破れて出血した状態の脳出血など、脳の血管に異常が起きた結果として、認知症になるものが脳血管型認知症と呼ばれます。
つまり脳血管疾患の後遺症として認知症を発症するものです。

突然の脳血管障害をきっかけに急激に認知症が発症する場合と、小さな脳梗塞を繰り返して起こしているうちに徐々に認知障害が現れる場合があります。
また脳の血管のどこの部位が障害されたかによって症状が異なるのが特徴で、能力がまだら状に低下し、記憶障害がひどくても人格や判断力は保たれていることが多いようです。


脳血管障害を起こしやすい危険因子と言われているものは高血圧、動脈硬化症、糖尿病、高脂血症など。
その原因は脳梗塞の多発によるものが70~80%を占めています。
脳血管障害により脳の血流量や代謝量が減少し、その程度が認知症に影響を及ぼすものです。
規則正しい生活、食習慣の見直しなど生活習慣を改善することが、認知症の予防にもつながります。

サイト内関連記事

その定義
認知症は、高齢化にともなう物忘れとは違います。 「脳や身体の疾患を原因として、記......
原因となる病気
この症状を引き起こす病気のうち、もっとも多いのは、脳の神経細胞がゆっくりと死んで......
アルツハイマー型認知症
アルツハイマー型認知症は、認知症の原因として、もっとも多い疾患です。 この病名は......
前頭・側頭型認知症
前頭側頭型認知症は、この症状を最初に報告したアーノルド・ピック医師にちなみ、別名......
レビー小体型認知症
レビー小体とは、パーキンソン病の神経細胞にみられる異常構造物です。 レビー小体......
認知症の現状
厚生労働省のホームページには、「高齢者介護研究会報告書『2015年の高齢者介護』......

▲このページのトップへ