回想法


スポンサードリンク

回想法は特に専門的な知識が無くとも家庭で行うことができる方法のひとつで、過去の懐かしい思い出を話すいことによって脳が刺激され、精神状態を安定させる効果が期待できます。
長く続けることによって認知機能が改善されることも明らかになっています。
アメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱した心理療法で、日本でも認知症の方のリハビリテーションに利用されています。

本人が小さなころに遊んでいたおもちゃやゲーム、昔の写真やアルバム、流行していた音楽や映画などを用意して、昔の思い出話を聞いたり質問してみるのがいいでしょう。

記憶障害が進んでいても古い記憶や印象的なことは残っていることが多いです。
話が次々とでて、本人も楽しんでできる方法なので積極的に耳を傾けるといいでしょう。
話す主体は認知症の方が聞く方は質問をしながら聞きとる受容的な姿勢が基本になります。

基本的に楽しいおしゃべりを基本としており、場所と費用を必要としないため、認知症の予防や進行抑制のために公民館や毛売ろう間等で楽しまれてます。

心理療法のひとつとして認知症介護のなかでも行われていますが、世代間交流や地域活動としても活用されている方法です。


回想法を活用している例

・茨城県竜ケ崎市回想センター
来館者を対象に回想法を実践

・東京都葛飾区
回想法教室を開催して認知症の予防を実践

この記事のタグ

サイト内関連記事

音楽療法
日本では音楽療法は1902年に巣鴨病院(現都立松沢病院)において東京音楽学校の教......
代表的な薬
現在認知症を完全に治す薬はまだ開発されていいませんが、認知症によって生じる様々......
抑肝散:認知症の漢方薬
認知症の周辺症状の対策として、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬等が病院でよく処方さ......
加味温胆湯:認知症の漢方薬
加味温胆湯(かみうんたんとう)アルツハイマー型の認知症に効く漢方薬として有名です......
釣藤散・抑肝散加陳皮半夏:漢方薬
認知症の周辺症状に効くと思われる漢方薬です。 釣藤散 高血圧に伴う頭痛、頭重、め......
黄連解毒湯・当帰芍薬散:漢方薬
黄連解毒湯 血圧を改善し、高血圧にともなう頭痛、頭重、肩こり、めまいなどの症状を......

▲このページのトップへ